blog

革の手帳の中紙交換について

革のノート、全色画像

JOURNEYの定番商品に、革のノート・手帳があります。
ノートとして日記や絵を描いたり、手帳として日々の予定を書き込んだり、中紙のタイプによって自由な使い方ができるA5サイズのノートです。
そして、中紙交換をして、使い切った中紙を何度でも入れ替えて、同じ革表紙をずっと使うことができます。
残したいページや余った紙を次の交換時にふたたび綴じることもできます。

手帳としてお使いいただく方が多いので、毎年11月頃から毎日のように郵便物が届きます。
革の表紙と一緒に、あたたかいメッセージの書かれたお手紙を添えてくださる方もいます。
一時的に手元になくて不便な時間もあるのに、お送りいただく手間もあるのに、毎年本当に多くの方々が中紙交換を利用してくれています。

革のノート、経年変化

日々バッグに入れて持ち運ばれて、小さなキズや跡のついた表紙、きっと机の上で静かに使われて、変化はゆっくりでもたしかに使い込まれている表紙、それぞれの暮らし方が少しだけ見えるようで、なんだか嬉しくなります。

いまの作りだと、専用の機械がないとリングの交換ができないので、郵送もしくは店頭でお預かりする形をとっています。
お客さん自身が交換できるような作りにして、中紙だけを販売すれば手間も減るだろうともちろん思います。
ゆくゆくは、もっと手軽にできる方法を見つけ出したいと思います。
ですが毎年寒くなってくると届く、さまざまな使われ方をした革表紙を見るのが、 作り手側の楽しみのひとつであるのも正直なところです。

革のノート、革ポケット

革のノート、革しおり

革のポケットやしおりなど、オプションも少し増やしました。
いまお使いの表紙に、中紙交換のときに追加でおつけすることもできます。
より使いやすいようにカスタマイズしていただけたら嬉しいです。

そして、もし、ノートとして使わなくなってしまったら。
こんな風に小物へのリメイクもできます。

ノート、コードホルダー、リメイク

 

革のノートリメイク、キーケース

コードホルダーキーケースコースターにもできます。
もう使わないんだけどなあ、捨てるものなあ、そんな気持ちで眠ってしまっているものがあればまた新しい形でお使いいただけたらとても嬉しいです。

2020-09-05 | Posted in blogNo Comments » 

 

ロゴマークについて

JOURNEYロゴ

JOURNEYのロゴマークは、ハチドリがモチーフです。
ハチドリは6cmほどのとても小さな鳥。
「ハチドリのひとしずく」という、南米のアンデス地方に伝わるお話があります。
詳しくは省略しますが、できることは小さくても、自分にできることを静かに続けていく。
そんなブランドでありたいという気持ちを込めて、ハチドリを選びました。

JOURNEYで大切にしていることの一つに、環境への配慮があります。
「エコ」「地球に優しく」「ゴミを減らそう」と言葉にするのは簡単ですが、日々暮らしているとどうしても避けられないこともあります。
買い物をすればいろいろな形で失敗することも、思ってもいなかった形で壊れて、捨てざるを得ないこともあります。
モノは使えばいつか壊れるし、人の好みも自然と移ろいゆくものです。

モノを捨てることを我慢してゴミを減らすのではなく、長く使い続けられるよう、モノが循環する仕組みを作る。
そして、使わなくなったモノを、捨てずに手放しやすくする仕組みを作る。
そのために、JOURNEYの商品のリペア・リメイク・リユース、ご購入前のレンタルなどを行っています。

小さなブランドにできることは、やっぱり小さいかもしれません。
それでも、自分にできることをひとつずつ。

JOURNEYでは自然に還る素材をなるべく使い、 製作段階で出るハギレもできる限り商品にすることを心がけています。
大きなバッグなどの革製品を作ると、どうしてもハギレが出てしまいます。
ハギレとはいっても、同じ生命のあった革。捨てるのはもったいない。

そこで、「ハチドリシリーズ」として革のハギレを使った小物を作っています。
コースターコードホルダーといった、面積が小さいものや、丈夫さがあまり必要のないものがそうです。

天然革は、部位によって伸びやすかったりと製品になる場所を選ぶため、ハギレのでる面倒な素材ともいえます。
作り手としての責任は、長く使える丈夫なモノを作ること、そして同時に生まれるハギレまで、余すことなく使うこと。
どうしても捨ててしまう部分はありますが、できる限り、革のゴミをなくしたいと思っています。

2020-09-04 | Posted in blogNo Comments »