concept

モノとの付き合いをより深く

 世の中がどんどん便利になって

目の前には完成品が並び、それを選ぶだけになった。

ネット社会の現代では、クリックひとつで すぐになんでも手に入る。

身の回りのモノがどんな素材からできていて

どのように作られているかを知らずに、ただ使う。そして捨てる。

まだまだ使い続けたいけれど、どこで修理してくれるか分からない。

捨てるのはもったいないけれど、どうしたらいいのか分からない。

「大切にしたいのに、しづらい。」

モノを使うことは、人と関わることと似ている。

大切な人との関係を守ったり修復したり、時には手を離したりもする。

日々触れ合うからこそ傷がつくことも、壊れることもある。

そこで終わりにせず、心ゆくまで大切にできたなら、愛着を持ち続けられたなら。

きっと日々の生活はもっと美しく、そして楽しくなるだろう。

2019-09-13 | Posted in blog, conceptNo Comments » 

 

「縫い直し」します。

使い込まれたアンティークや古道具に惹かれるように、 革製品も、使い込んで味がでた姿に惹かれます。

シンプルなデザインを基本に、サドルステッチという手縫いを基本に革製品を製作。

馬具作りに使われる丈夫な手縫いの製法です。

「サドルステッチ」は並縫いやミシン縫いに比べ丈夫でほつれにくい製法です。

そのうえ、万が一ほつれても「同じ縫い穴を使い、縫い直し」ができるメリットがあります。

とても手間のかかる製法ですが、使えば使うほど愛着の湧くものを作るため、ひとつひとつ時間をかけ製作しています。

素材の革は丈夫で、長く使うほどに経年変化する飽きのこないものを使用しています。

いい素材を長く使って欲しい。

だから縫い目の革がちぎれないかぎり、永久に縫い直しを承ります。

2015-06-22 | Posted in blog, conceptNo Comments »